動画制作

なぜ今、動画の需要が
右肩上がりなのでしょう?

膨大な情報をターゲットに伝えることができる。文書に比べて視覚効果が高く、記憶に残りやすい。資料を読んでもらうよりも動画を見てもらう方が早い。SNSやYouTubeで動画は日常的なものに。商品やサービス価値を魅力的に伝えられる。言葉にしにくい業務内容や会社の雰囲気が伝えやすい。

動画と静止画の比較

静止画

伝えたい情報を一目でターゲットに伝えることができる
動画は最後まで視聴する必要がありますが、静止画は瞬時に情報を与えることが可能です。特に届けたい情報量が少ないものほど、静止画は効果的です。

低コストで作成できる
デザインを考えながら写真素材などにテキストを入れれば出来上がりますし、一般的には動画制作より予算を抑えることができます。

動画

視聴されやすい
SNSやYouTubeなどの動画コンテンツの普及により視聴者が動画を視聴することは日常に溶け込んでいます。

膨大な情報量をターゲットに伝えることができる
たとえば1分間の動画には、ウェブサイト3600ページ分の情報量が入っていると言われています。静止画は視覚でしか情報を伝えられませんが、動画は聴覚にも訴えることができるので、記憶にも印象にも残りやすくなる特徴があります。また静止画では伝わらない商品のディティールや中身などについても紹介できるので、見た人からの信頼も得やすいでしょう。動画の方が静止画より認知度が1.6倍、理解度が1.8倍になるというデータもあります。マーケティング効果を考えると、コストだけを考えて動画制作を避けるのはもったいないと考えています。

商品への理解度74%UP、動画を見た後の商品購入率64%UP。
豊富な情報と商品などを実際に見ることで商品への理解や商品購入率が飛躍的にアップすることが実証されています。

動画は多くのユーザーに情報を伝えられます。
ユーザーが文章をすべて読む率20%、ユーザーが動画を視る率80%。文字だけではユーザーに大事なことを知ってもらえない恐れがあります。


Googleなどの検索エンジンの評価値が上がることが影響しています。

動画の活用方法について

広 告


最も多く活用され、記憶に残りやすく認知度アップという点で優れています。

HowTo動画


マニュアルを動画で作成すれば、手順をおさらいしやすくなります。

イベント


イベントの様子を撮影しダイジェスト版編集をすることで記録として残すことができます。

リクルート


動画ならリアルな会社の雰囲気を伝えられるのが強みです。

社員数育


文章に比べて視覚効果が高い動画は、記憶に残りやすいので教材としても優良です。

その他


その他にも様々な用途で動画が活用されています。

その動画制作SVPがお引き受けします!

お客様とのお話を通じて、映像制作の目的や現在抱えている問題などを明確にした上で、
お客様にとっての最適な映像制作の具体的な手法や、制作費用、納期などをお見積り。
お客様に分かりやすく伝わりやすい企画書であるために、台本や絵コンテなどを用いてご提案いたします。

初めてでも安心の動画撮影なら札幌映像制作(SVP)におまかせください。
個人のプライベート・SNS動画から、採用、サービス紹介、取扱説明、eラーニング等の企業向け動画まで何でもご相談ください。

お電話でのお問合せ
(受付時間 平日8:30~17:30)

tel.011-640-7177

▼メールは24時間受付!

お問合せはコチラ

2021年3月29日