札幌中心部での街頭ビジョンによる動画配信

札幌映像制作.comは、札幌市大通駅改札横にある街頭ビジョンの放映枠を所有しています!
札幌中心部の大型ビジョンで動画を放映してみませんか?

街頭ビジョンについて

札幌地下鉄大通駅 地下コンコース内大型ビジョンの紹介動画です。

高さ2メートルの高精細・大音量大型ビジョンで放映!
放映回数は一日に52回を保証しており、通勤や通学・お買い物へお出掛けなど、
毎日8~11万人通行する方々に、確実なアピールが可能です。

弊社独自のお得なメリット


ワ ン ストップ 体 制

一般的に、ビジョンでの放映は放映枠を購入している代理店が制作会社に動画の制作を依頼する形を取っているところが多く、その際に、マージンが発生します。
弊社の場合は、放映枠・動画制作を一括で請け負うことでコストカットと円滑に制作を進めることが可能です。
またビジョン横のラックにパンフレットなどを設置する場合においても弊社は印刷も取り扱っているため、そちらも含めて一括で承ることでさらにコストを軽減できます。

弊社オリジナル
「 ハ イ ブ リット 動 画 広 告 」

15秒から動画が設定でき、ハイブリット動画もご利用できます。
こちらは弊社にしかないメリットとなっており、通常他社のビジョンでは行っていないものとなっております。
動画を途中から見ると訴求内容が伝わりきらないなどの動画の欠点を最後に静止画を別途表示することで動画による情報量と静止画による瞬時に情報を伝えるといういいところを合わせた動画広告となっております。


ビジョン横ラックも 併 用 可 能

通常ビルの側面などに設置してあることが多い大型ビジョンですが、「ha・na・vi」は駅構内の屋内大型ビジョンであり、横にパンフレットラックが設置してあります。
他のビジョンでは見られないメリットとなっており、動画で少しでも興味を持っていただければ横のパンフレットを取っていただける確率も上がり、かなりの相乗効果が見込めます。

印刷について
・パンフレット等をすでにお持ちの場合は、そちらをおいていただけます。
・もしパンフレットがない場合は、デザインから印刷まで承ります。
・データのみでお持ちの場合、印刷のみでも可能です。

現在放映中の動画はこちら

ビジョンで放映中の動画①(占い特別枠)
ビジョンで放映中の動画②(占い特別枠)

放映詳細のご案内

大型ビジョンについて

弊社では、地下鉄大通駅前南改札口にある大型ビジョンの放映権を所有しています。
一日約11万人が通行するこの好立地にて、毎日15時間(7:00~22:00)、



放映1枠15秒を基本単位とし、15分基本サイクルにて放映しております(放映保障回数:52回)

※最大60回の放映ですが、メンテナンスなどにより回数が減少する可能性があります。

毎日15時間(7:00~22:00)
年中無休

放映1枠15秒(基本単位)
基本サイクル15分

通常1日52回の
放映回数でご提供

※緊急事態宣言中やまん延防止措置などの期間においては時短要請に応じて放映時間を短縮する場合があります。
※メンテナンスなどの理由で一時的に放映が停止される場合があります。その場合に不足した放映回数は復旧後に後日消化させていただきます。
※内容によっては、放映をお断りする場合がございます→お読みください(PDF リンク)

所在地

札幌市中央区大通り西4丁目 日之出ビル地下2階

さらに!当社オリジナル占い特別枠もご用意!

占い特別枠のご案内

   札幌地下鉄大通駅 地下コンコース内大型ビジョン
   当社オリジナル「占い特別枠」の紹介動画です。

占い特別枠セットプランのご案内

   札幌地下鉄大通駅 地下コンコース内大型ビジョン
当社オリジナル「占い特別枠」を活用したセットプランの紹介動画です。

通常枠とは違い、外側に占い内容が表示されている配信枠となります。
放映サイズは若干小さくなりますが、放映時間・放映回数は通常枠と同じ
音声もそのまま使用可能です。
当社では、この占い特別枠を通常枠より半額以下のプライスにてご提供しております。
また、「占い特別枠」は当社の独占枠になるため、当社のみご提供可能なサービスです。

映像制作にかかる作業と価格の一例です。
ご相談いただいたご予算に合わせたセッティングで対応いたします。

企画

企画構成費9,640円~/本クライアント様と打ち合わせを行い、資料を作成して様々な提案をする際にかかる費用です。

●その他、必要とされる場合のある項目

ロケハンティング費(7,100円~/日※交通費が別途必要な場合があります)

撮影

撮影費37,000円〜 /日カメラマンの撮影費用です。また、案件内容によっては、撮影前のロケハン(事前に撮影現場を下見すること)にカメラマンが同行し、ベストなアングルを検討する場合もあります。
機材持込費17,000円~ /日カメラを中心とした、撮影に必要な機材の費用です。カメラは、ハンディタイプの手軽なものから、映画で使うようなデジタルシネマカメラまで、幅広く存在します。当然ですが、カメラ(特にレンズの質)によって画質が大きく異なります。

●その他、必要とされる場合のある項目

アシスタント費(7,100円~/日)

編集

映像編集費
(修正2回まで)
27,000円〜 /日撮影した映像、あるいはご提供頂いた素材を編集するための費用です。編集の難易度、作業時間によって料金が決まります。必然的に完成映像尺が長ければ長いほど、編集作業にも時間がかかるため「編集費」も高くなる傾向にあります。
音声編集費
(効果音・BGM等)
無料、6,400円~BGMや効果音等の選定、使用料、また簡易的な音編集の費用です。基本的にフリー音源を使用した際の音声編集費は映像編集費内に含まれます。こちらの項目にて費用が発生する事例としては、著作権に関わる使用料を必要とする場合が挙げられます。

●その他、必要とされる場合のある項目

3DCG動画製作費(147,000円~/本)、グラフィック製作費(6,400円~/本)

ビジョン放映までの流れ

お問い合わせ


お問い合わせフォームから、もしくはお電話でお問い合わせください

ヒアリング


サービスや商品の特徴ターゲットや希望内容をおお聞かせください

配信内容のご提案


ヒアリング内容を元に、配信内容配信方法・ご予算のご提案をさせていただきます。

お申込


ご提案内容にご納得いただきおお申込みいただきましたら動画制作・ビジョン放映の準備を進めてまいります。

ビジョンでの放送開始


配信の準備が完了しましたら街頭ビジョンにて動画の配信をおこなってまいります。

ご興味のあるお客様へ、予算に合わせたご提案をさせて頂きます。

映像制作と放映枠をセットにした、お得なプランもご用意しております。
まずはお気軽にご相談ください。